親知らずの処置

歯科の器具

歯科医院では、親知らずを抜く治療を行っています。そもそも親知らずとは、一番奥に生えてくる歯のことです。この歯が正常に生えてくれば良いのですが、ほとんどの場合、斜めに生えたり横に生えたりしてしまいます。そうなると色々な症状を引き起こします。 たとえば、斜めに生えてくると、食事で食べたものが歯の間に挟まりやすくなります。それと、歯を磨いても、きちんと磨くことができなくなります。よって、虫歯や歯周病などを引き起こす原因となります。 また、噛み合わせが悪くなることも考えられるので、体のバランスが崩れて頭痛や肩こりの症状を引き起こします。その他にも、斜めに歯が生えることで、口の中を傷つけてしまうリスクもあります。よって、早期に治療した方が良いといえます。

歯科医院での親知らずの抜歯方法は、まず普通に生えている場合は、普通の抜歯の手順で歯を抜きます。この場合は簡単に抜くことができ、施術後の痛みも少ないです。次に、親知らずが横向きで生えている場合は、抜歯は難しくなります。まず、歯の頭の部分を縦に切断してから取り除きます。そして、根っこの部分は、すき間に器具を入れて引っ張り出します。この時、根っこがまがっていれば、根っこを割って取り除きます。その他の親知らずの状態がひどい場合は、歯科医院に入院して全身麻酔で抜歯をすることもあります。 歯科医院で親知らずを抜歯した後の注意点は、施術後は安静にすることが大切です。というのは、抜歯後は出血がしやすいからです。なので、運動やアルコールの飲酒など患部に刺激になるような行為は避けたほうが良いです。